オリジナルプラン
家族婚プラン
体験者レポート
選べるプロフェッショナル
お問合せ
ACCESS
負担0円プラン
式場見学ツアー
R-BRIDALにした決め手
結婚式までの流れ
来店予約
space

レトロな建物で結婚式

アンティーク品の展示館や歴史的価値のあるレトロな建物が並ぶ名古屋の観光スポット「文化のみち」。 その一角に凛として佇む大正時代の立派な邸宅。ここは名古屋市の歴史的建造物であり、レストランウェディング「デュボネ」としても運営されています。

アンティークな建物は和洋どちらの結婚式もぴったり デュボネ会場内のレトロなチャペル

大正時代の富豪が贅を尽くし一流の建築士に作らせた和と洋の邸宅。当時の最先端技術を駆使した建物は古さばかりでなく新鮮味を感じさせるレトロモダンな結婚式場となっています。
椅子や家具などは大正時代のアンティーク品を使用。大正時代から残るヴィンテージな空間でレトロな結婚式はいかがですか?

大正時代から残るアンティークな装飾品 デュボネのレトロな建物で新郎新婦のツーショット

選べる挙式会場

デュボネでは大正時代の雰囲気が残るチャペルルームや素敵な日本庭園で人前式を行うことができます。

レトロなウェディングドレスを着た新郎新婦 レストランへと続くデュボネの日本庭園

また、デュボネの周辺には「文化のみち」という名が示すとおり、レトロで魅力的な建物がたくさん。 その建物を挙式会場として利用することができます。 しかも、とってもリーズナブルな価格だから、自己負担0円~50万円で利用することができます。

名古屋市政資料館

まず、一つ目は名古屋の市政資料館です。大正時代に立てられたネオバロック建築の建物です。 8世紀ヨーロッパのお城のように美しい建築物で人気の挙式会場です。

デュボネから近い挙式会場のひとつ名古屋市政資料館 名古屋市政資料館の館内は大正時代に立てられたバロック建築

名古屋市市政資料館

カトリック主税町教会

明治時代に立てられた名古屋で最も古い教会。 教会式に則った本格的な結婚式が挙げられるレトロでオシャレな教会です。

明治に建てられたカトリック主税町教会で挙式 レトロな雰囲気の教会でフォトウェディング

カトリック主税町教会

英国風レトロウェディング

レトロな結婚式場「デュボネ」でどんな結婚式をしましょうか?

「60年代イギリス」が共通の趣味で結ばれた新郎新婦のレトロウェディングをご紹介。 テーマは「60年代イギリス」。イギリスの60年代はビートルズをはじめとするイギリスの若者文化が世界中に広がった時代です。

レトロお洒落なウェルカムボード

単色のレトロでかわいいウェルカムボード。 単色のべた塗りでシンプルな文字が60年代海外に流行ったレトロなデザインを思わせます。

レトロお洒落なウェルカムボード レトロなデザインを思わせます

6ペンスコイン

ヨーロッパの結婚式では「サムシングフォー」を身に着けると縁起が良いと言われています。それに加えイギリスでは6ペンスコインが行われています。 6ペンスコインを花嫁の左足の靴に忍ばせておくと縁起が良いと信じられています最近では新郎の胸ポケットにもコインを忍ばせるようです。 6ペンスコインはおとぎ話の歌として語り継がれているため、イギリスでは誰もが知っている幸せになるおまじないです。

6ペンスコイン 6ペンスコインと靴

6ペンスコインは67年に発行が終了し、現在は生産されていませんがネットで当時のものを購入することができます。

名古屋市政資料館で挙式

レストランデュポネから徒歩数分の距離にある名古屋市政資料館で挙式を行いました。 名古屋市政資料館も「文化のみち」に連なる歴史的建造物。大正11年に18世紀ヨーロッパの建築技術バロック建築で建てられた建物です。

名古屋市政資料館 バロック建築で建てられた建物

名古屋市政資料館で挙式をし、レストランウェディングデュボネで披露宴を行うが当社で人気のプランとなっています。

ブーケセレモニー

ゲストから花を1本ずつもらい花束をつくります。新郎は花束でブーケを作り、新婦にプロポーズ。
プロポーズOKなら新婦はブーケを受け取りブーケから1輪、花を抜き取り新郎の胸ポケットに刺します。

真紅のバージンロード上の新郎 新郎新婦のブーケセレモニーの様子

イギリス国旗をモチーフにした装花

イギリスの国旗であるユニオンジャックカラーをモチーフとしたブーケと装花の配色。 赤いバラと白いトルコに蒼いリボンを2:1:1の割りで組み合わせ飾り付けをしました。

イギリス国旗をモチーフにした装花 赤いバラと白いトルコに蒼いリボン

プチ・レトロウェディング

大正時代の建物が現在に残るレストラン「デュボネ」なら、手の込んだ準備をしなくてもちょっとしたコツでプチ・レトロウェディングに仕立てることもできます。

シンプルでポップ

余計な色を混ぜないシンプルでポップな文字をウェルカムボードや席次表にデザインすればレトロなイメージになります。

シンプルでポップなウェルカムボード レトロなウェルカムボード

肌の露出を抑えたウェディングドレス

レトロウェディングでイメージするドレスは袖の長いウェディングドレスです。 しかし、レトロウェディングがテーマでも袖の長いウェディングドレスは好みではない新婦も多いはずです。

そこでおススメするのが肌の露出を抑えたAラインのウェディングドレスです。 プリンセンスドレスのようにボリュームのあるドレスではなく、裾があまり広がらないAラインのドレスで肌の露出を抑えたものを選べばレトロ感があり、古臭くないドレスになります。

肌の露出を抑えたAラインのウェディングドレス レトロな空間の中で乾杯をする新郎と新婦

シンプルなウェディングブーケ

派手な色を使わず白を中心としたシックな花でまとめれば、レトロのイメージを壊さないウェディングブーケのできあがりです。

シンプルなウェディングブーケ

ポイントにレトロっぽいアイテム

自分たちで用意するちょっとした小物や飾り付けにレトロっぽいものを用いれば、ぐっとレトロウェディングのイメージに近づけます。

レトロっぽいアイテム レトロっぽい小物

後はデュボネのポテンシャルにお任せ

上記の点を踏まえ、逸脱しない結婚式プランを考えましょう。 後はデュボネがもっているレトロな雰囲気に身を任せればプチ・レトロウェディングのできあがり。 デュボネのレトロな建物やアンティークの家具、ヴィンテージの小物があなたの理想とするレトロウェディングに近づけてくれます。

レトロな雰囲気の天井照明 レトロな雰囲気の空間 大正時代を感じさせる会場 デュボネのデザート

季節を楽しめる創作フレンチ

旬の食材を贅沢に使った創作フレンチ料理のデュポネ。 旬の野菜を使ったスープは季節ごとに色が変わり訪れる度に感動を与えてくれます。 普段は見ることも口にすることもない珍しいお野菜が料理に使われるのもポイント。訪れるゲストは皆感嘆します。

スープに魚料理、牛肉、フォアグラとフランス料理の贅沢を楽しめるフルコースが並ぶ中、密かに評判なのがくるみパン。デュボネに訪れるお客様は口々にパンが美味しかったと話題にあげます。 試食の際はぜひくるみパンもお楽しみください。

季節を楽しめる創作フレンチ デュボネで密かに好評のくるみパン レトロなお皿の上に盛り付けられた料理 デュボネ自慢のオマール海老料理 色鮮やかな飾られたフレンチ料理

少人数のアットホームウェディング

大正時代の邸宅と言っても個人のお宅であるため会場スペースはそれほど大きくありません。 収容人数は最大38名と他の会場と比べるとやや小さめですが、その大きさがアットホームで自分たちにぴったりと多くのお客様からご支持を頂いております。

こじんまりとした披露宴会場の様子 暗がりの中レトロな会場を照らすキャンドルサービス

和装・洋装どちらも合うロケーション

大正時代から残るデュボネの建物は和風文化に洋風を取り込んだおしゃれな空間。 だから、和装・洋装どちらを着ても雰囲気にぴったり。どちらも着たくなるロケーションです。

レトロなチャペルで証明書を手にする二人 日本庭園の小道で和装姿で写る新郎新婦
  • 052-766-3312
  • 会場見学予約

ページのトップへ戻る