◎両家への挨拶・顔合わせ・結納

結婚式の段取り 8か月~6か月前
Step.❶両親に結婚の意思を報告
結婚の意思が固まったらまずは自分の口で両親へ報告。
Step.❷お互いの両親に結婚の挨拶
両親への挨拶は食事時は避けるのがマナーです。1〜2時間程度の滞在になるので、お昼過ぎ(午後2時くらいが目安)だとお互いの負担にならないです。訪問する前には、両親の好みをリサーチして手土産を用意しておこう。服装にも配慮を。
★成功例★
•名古屋の名産を持参したところ、とても喜んでもらえました。そこから名古屋の話で盛り上がりましたよ。(まりこさん)
•父と彼はお酒が好きで、挨拶のときもお酒をお土産に。挨拶の後は飲み会が始まりすっかり意気投合してました。(夢さん)

Step.❸両家顔合わせや結納
ふさわしい会場選びとドレスコードがポイントです。自宅以外にもホテルや料亭など、会場はたくさんあります。両親の意向を最優先にして、両家が納得できる場を設けましょう。当日の服装や食事代などの支払い方法は事前に決めて伝えておくことが重要。
せっかく両家が揃うタイミングなので、両家の代表者に婚姻届の証人になってもらうセレモニーを計画するのもアイデアのひとつかも。結婚式を前に両家の記念になるイベントを取り入れることで、両家の距離がグッと縮まり、感動を共有できます。
参考例 親族歓迎書取り交わし プロフィールムービー上映 etc...
↓失敗例↓
両家の服装に差が! 連絡ミスで気まずい雰囲気に…
カジュアルな食事会のつもりだったので、「気軽な格好で」と具体的には伝えず。彼のご両親がフォーマルな服装だったため、私の両親が浮いた印象に。お謀びから始まってしまいました。