◎結婚式の会場決定までの流れ

結婚式の会場決定までの流れ
①挙式披露宴の日取りや招待客の大まかな人数をイメージする
②ブライダルフェアに行く
具体的な結婚式のイメ—ジをつかむためにフェアへ参加しましょう。実際に挙式場やバンケット(披露宴会場)を見学し、雰囲気を確かめることができます。
◆ブライダルフェアってどんな事するの?
・例えば、「模擬挙式」
モデルによる挙式のデモンストレーション。挙式時の演出の確認やドレスの映え方などイメージをつかみやすい。アフターセレモニーにも参加できる。
・例えば「試食会」
ゲストへ提供する料理を試食できる。気軽なひと口試食から、コース料理をお得に堪能できる試食会までさまざま。有料、無料については問い合わせて。
・例えば「試着会」
デザインや色が違うものを試着して、どれが一番フィットしているかを知ろう。後で比較検討できるよう写真を撮っておくのを忘れずに。
・例えば「見学会」
結婚式場のコーディネイトをチェック。いろんなパターンが見られるので勉強のつもりで参加を。結婚式直前に実際の会場を見学できるフェアもあり。
・例えば「展覧会」
ペーパーアイテムや引出物、引き菓子などがズラリと並ぶので、ピンと来たものはカタログを持ち帰って検討 して。一堂に会する機会をぜひ利用したい。
・例えば「相談会」
スタッフへ質問したり疑問を解決することができる。結婚式予定日、予定ゲスト数、大まかな予算を決めておくと具体的な見積もりをもらえることも。
*施設の動線、スタッフの人柄などゲスト目線で客観視することも大切です。ほかにもその結婚式場の演出や料理をチェックして当日のイメージを膨らまそう。
★成功例★
会場見学、一度は母親同伴で
見学した中で気に入った会場があれば、それらを母親と見て回るといいかも。客観的意見も聞けるし、親族間の慣習を知っているので心強い味方になるはずです。試食会などは両家両親を誘うと、年代や性別など多面的な評価が得られるのでおすすめ。

 

③会場を仮予約する
本契約する際には5万~20万円程度の内金を会場へ支払うので金額を担当者に確認しましょう。仮契約中はキャンセル料は発生しないので安心。
④会場を決定する
会場を決定したら正式な契約へ。内金の支払いが必要です。会場によって金額が違うので注意。残金はほとんどの場合挙式前日までに支払うことになります。最近ではクレジッ卜カードが使える会場もあるので、—時的に借入上限金額を上げればカー ドでの支払いも可能です。
★成功例★
・結婚式の前に入籍していたので、親族からまとまったお祝いをもらってました。お陰で支払いも慌てずに完了(ふみさん)
・絶対に力-ド払いと決めていたので、カード可のお店に決めました。貯まったマイルでハネムーンに!(力ミヤマさん)
↓失敗例↓
・予定日に憧れの結婚式場に空きがなくて泣く泣く諦め…
以前から、結婚式をするならココ!と心に決めていた私。急遽入籍が決まったので、急いで問い合わせたものの人気の結婚式場で空きがなく…日取りは両親の意向で変更できず、 結局諦めました。(姫さん)
・ふたりの方向性がバラバラで険悪ムードに…
私はゴージャスな雰囲気でやりたかったのですが彼は友人たちとカジュアルなレストランウェティングを希望。意見が合わずマリツジブル—に…。(梅さん)
・予算オ—バーのため、支払いが厳しく親に援助をお願い…
ある程度予算を確保していたのですが、それでもオーバーしてしまい親に助けてもらいま した。披露宴後すぐ返しましたが今でも後悔してます。(gzさん)