◎会場との打ち合わせや当日に向けての段取り

【第一回打合せ】
いよいよ式を挙げる会場との打ち合わせです。たくさん決めることがある上に、会場側から宿題を出されることもあります。その場でどちらが担当するか決めて、次回までにクリアしましょう。式の準備がスムーズに進みます。
【料理の試食】
招待客への大切なおもてなしの一つが料理です。必ず提供予定の料理を試食して二人の目と舌で確認しましょう。
◆ゲストの目線で厳しくチェック!!
・見た目
・味わい
・食べやすさ
・ボリューム
・ドリンクメニュー
…心残り…
・ドレス選びに夢中で食事のことは後回しに…
ドレス選びを最優先した私。ひとロ試食はしたものの、自分なりに満足したのでそのままに。当日親族から食べにくかったと言われました。(SALさん)

 

【衣装試着&決定】
ショップで衣装を試着してどの種類を着るか、どれだけ着るかを決めましょう。好みだけではなく、挙式スタイルや会場の旁をイメージして決定しましょう。手配方法も確認を。雑誌やwebで好みのドレス写真を見つけたら切り取っておいて、サロンへ持っていくのも手。会場の写真もあると的確なアドバイスがもらえます。ただ、好き=似合うとは限らないので、スタ ッフの見立ても参考に。
*重要ポイント ドレス姿のチェックを母親や友人にお願い!!
たくさん着るとどれが一番似合うか分からなくなることも。そんなときは女友達か母親に同行を依頼。シビアな目線で判定してもらうことも、美しい花嫁姿を作り上げる良い手段。
…心残り…
・当日の会場に負けてしまい少し寂しい印象に
当日の会場は装花や照明など予想よリ派手め。そのためドレスが負けてしまって寂し い花嫁姿に。もう少し華やかなドレスでもよかったな。(waqさん)

 

【エステを始動】
「早め早めのスタートが当日の肌の違いを生む」
ドレスをきれいに着こなすなら露出部分は特に肌のお手入れをしておくべきです。リラックス効果も期待できていいかも。ドレス下着の購入も必要!!
●エステ
ブライダルエステは限られた期間で花嫁を磨き上げてくれす専用のコース。全身のほか、フェイシャルなどパーツだけのコースも。肌が出るところは念入りに、きれいに磨きをかけよう。
●シェービング
顔やデコルテ、背中のムダ毛を剃るもの。化粧ノリがグンとよくなりますよ。
…心残り…
・式までに無理やりダイエット!の予定が大失敗…
式までに絶対痩せる!とダイエットに挑戦。でも予定ほどやせられず、ドレスのサイズが合わない事態に…。サイズ 確認をしておけばよかったな。(Yこさん)

 

【マリッジリングの下見&購入】
エンゲージ以上に種類が豊富なマリッジリング(結婚指輪)です。ずっと着けるものなので職業上の制約なども考慮して。挙式当日までに必ず手元に届くよう、段取りよくスケジューリングしつつお店を巡りましょう。
刻印などを施すセミオーダーなら、余裕を持って2力月前には決定を。共通の趣味や強いこだわりはないけど、たったひとつのマリッジだからオーダーメイドを…という場合は、イニシャルを使ったロゴをデザインしてもいいかも。結婚式のおしゃれなアイコ ンとしても使えるのでおすすめです。
!成功!
・エンゲージを購入するときに、マリッジも一緒に注文したら、割引特典があってラッキーでした!(かずさん)
・エンゲージもマリッジもオーダーに。重ね着けしても完璧な仕上がりで、毎日愛用してます。(ゆかさん)
…心残り…
・こだわるあまり時間がかかって納品がピンチ!
こだわり派の私たちはマリツジをオーダー。でもなかなか決められず、スケジュールがずれ込み…。手元に届いたのが挙式前日でした。 (ゆりさん)

 

★披露宴のプログラムを熟考★
パーティを構成する具体的要素を検討しましょう。こまごまとしているのでモレのないように、会場にお願いするものと自分たちで用意するものを整理しましょう。例えば、配席表はスタッフへ依頼する、BGMは自分たちで用意するなど。スタッフからの宿題はリスト化して把握して、すべて、“いつまでに”を記してわかりやすくしましょう。
「BGM」
全体で20曲近くに及ぶリストを作るには思いのほか時間がかかる。全体の内容が見えたら、早めに選曲にとりかかって。
「写真」
ロケーション撮影、ス夕ジ 才撮影などは結婚式に先駆けて行うもの。衣裳決めも考慮して日程を組もう。
「ビデオ」
演出用の映像制作は前もってできることなので、早めにスター卜。当日動画撮影をするなら撮影スタッフと打ち合わせを。
○心残り
BGMを選ぶのが案外難しくって最後は会場任せに…
ふたりとも音楽好きでBGMにはこだわるつもりでしたが、ブログラムに合わせるのに手間取り、迷いに迷って最後は会場にお任せでした。(咲さん)
★引出物、引き菓子、 ブチギフ卜、 記念品を検討★
会社関係、友人、親族など相手によって贈り分けるのが最近の主流です。親族の分は両親に相談して決定、 会社、友人はふたりで決定しましょう。年代などに合わせて記念品を変えて贈るカップルが増えてきています。その際は変えているのが分からないように、袋のサイズを揃えるなどの配慮をしましょう。地方の風習が違う場合もあるので留意して。二次会用のギフトも探しておこう。
!成功!
・会社、友人男女、親族で贈り分けま した。確かに世代の違いってあるなあと実感しましたね。(さやかさん)
・カタログギフ卜にしましたが、自分の経験から、選び応えのあるカタログにこだわりました。(ボンさん)

 

★ハートフルアイテム★手作りアイテムの制作を始めましょう。★
結婚資金の節約にもなる、ハンドメイドは思い出作りにもピッタリです。あれもこれもと欲張ると、意外と自分が大変な思いをすることになるので、何かひとつという気持ちで挑戦してみて。
➡手作り!!ウエディングアイテム例
「ペーパーアイテム」
席札、プロフィール紹介など結婚式全般で登場するアイテム。フリーソフトを使った自作タイプが主流です。
「リングピロー」
挙式の際に交換する指輪を収めるもの。作りやすく、結婚式後も使えるのが人気の秘密。キットも多数あります。
「ウエルカムボード」
オリジナル感を出したいなら手作りを。趣味や特技を生かしたものを複数用意するカップルが多いです。
「ウェルカムドール」
ふたりの代わりにゲストを迎えるマスコット。人形にベールなどをつけたり、キットを利用すれば簡単に。
○心残り…
手作りアイテムを欲張りすぎて前日ほぼ徹夜状態…
こだわリウエディング を実現しようと手作りに励んだのですが、結局バタバタで満足な仕上がりにならず…。直前まで大慌てでした。 (b e r r y さん)

 

★ 「花嫁の手紙」「新郎謝辞」・・・感謝の言葉を伝えよう。★

花嫁の手紙は当日から1週間ほど前に書き上げておきましょう。何度も校正をすると◎。直前に書くと泣いてしまい、当日目が腫れてしまった、なんてことになったら大変!!新郎謝辞も同じペースで書き上げておいて、お互いに読む練習をしておこう。
!成功!
•先に結婚した姉に書き上げた手紙を読んでもらいました。的確なアドバイスをもらい、より気持ちが伝わる手紙になったと思います。(のんさん)
•彼に、手紙を書いたら?と勧めました。人前で読むのは嫌だと言ってましたが、当日は私よりも泣いていた気がします。(海さん)

 

★ 「前撮り」・・・写真に残そう。★
ロケーション撮影やスタジオ撮りなど余裕を持って日程を組みましょう。最近は前撮り写真を使ってウェルカ ムボードを作ることも。撮影してから納品までの期間と、ボードを完成させる時間を考慮して早めの撮影をおすすめします。家族に同行してもらって一緒に晴れ姿を♪なんてこともいいですよね。
全員参加の記念撮影はどうでしょうか?結婚式は、これまでふたりを支えてくれた親族や、さまざまなステージで出会った人たちが全員揃う特別な日です。パーティ最後の演出として最後に行えば、最適の締め くくりになるでしょう。
・スタジオでの撮影
撮影用の環境が整ったスタジオ撮りは、計算された光と影のバランスで美しい仕上がりに。天候に左右されず小物なども揃っており、また着付も楽で負担が少ない。
・ロケーション撮影
会場や思い出の場所で撮影できる。動きのあるカットが撮れるが季節や天候の影響を受けやすい。移動を含めると長時間になる場合も。
…心残り…
後日写真を見るとゲストと撮った写真が少なくて残念でした…
ゲストと一緒に撮れたシ—ンは後半のテーブルラウンドのみ。それも一部のゲストしか写っておらず、今でも心残リです。(hitom i さん)