◑結婚マネーの算出!!分担方法!!

【ざっくり!!結婚マネーの算出!!】
結婚するにはお金がかかる!でもどのくらいお金がかかるのか、二人が用意できる資金がいくらぐらいなのか、事前に知っておけばお金の不安も最小限に抑えられるでしょう。結婚する上でかかるお金は大きく分けて、結納や指輪、結婚式、ハネムーン、新生活です。まずは一般的に いくらかかるのかチェック。
◆ざっくり内訳◆
・結納費用:150万円
・指輪費用:エンゲージ約30万円、マリッジ・ペア約20万円
・結婚式費用:290万円(ゲスト50人ぐらい。挙式料、ドレス代含む)
・ハネムーン費用:約70万円(ハワイ4泊6日)
・新生活費用:新居賃貸60万円、家具・家電100万円

➡もう少し細かくざっくり。
①結納について
結納する場合は、両家で150万円ほどになります。その中には、場所・食事代約6万円、結納金約100万円、結納品約15万円、結納返し約30万円などが含まれます。顔合わせだけなら6万円くらいで行うこともでき、全国的に省くカップルも増えてきています。一方で、「結婚するという実感がわいた」など、やって良かったというカップルの声も。
②指輪について
婚約の証のエンゲージリングに、結婚の印となるマリッジリング。必要不可欠です。価格もピンからキリまで。最近ではエンゲージリングの代わりに時計を選ぶ人もいるので検討してみてもいいかも。
③結婚式費用について
大切な人たちを招待して、二人の結婚をお披露目する結婚式。せっかくなのだから思い出になる、楽 しくて幸せな一日にしたいものですよね。 海外ウェディングも最近は人気。海外ウェディングなら、旅行代金、挙式料、衣裳、ヘアメイク代、現地パーティー、合わせて2人で約150万円になります。
④ハネムーン費用について
結婚式のお楽しみ、ハネムーン。旅費は約50万円、滞在費・おみやげは約20万円、パスポート申請代などが必要になります。やはり、国内よりも海外に行く人が多いようです。どの国に行って、どんなふうに過ごすか…考えただけでワクワク!
⑤新生活費用について
結婚は二人の生活の始まりでもあります。ニ人の愛の巣探しも結婚準備の一つ。新居が決まれば、家具や家電、生活雑貨も必要です。

 

{結婚マネースケジュール}

★結婚式1年から6ヵ月前
●親への挨拶、結婚の報告
手みやけ代:相場3千円前後×2件
相手の実家が遠方の場合は、往復の交通費も予算に入れておきましょう。
●結婚式場のリサーチ
・フェア参加費 0円
・試食会 1万円
基本的にブライダルフエアは無料です。婚礼試食会などは参加費がかかることも。
●結婚式の会場、日取りが決定
申し込み金(内金) 5~20万円
会場に正式な申し込みをする際は、総費用の一部を申込金として前払いします。会場によって料金は異なるので確認を。

 

★結婚式6ヵ月~3ヵ月前
●衣裳探しを開始・予約
オーダードレス:契約時に代金の30%~全額
レンタルドレス:契約時にレンタル料の20%~半額
ドレスを購入する場合は1着30~50万円が人気。支払い方法は契約時の内金と残金で2回支払いです。完成時などショップが提示する期日に納めましょう。
レンタルドレスの支払い方法もほぼ同様。結婚式をする会場で借りる場合は、結婚式の費用と一緒に請求さ れることもあれば、提携しているドレスショップから請求がくることもあります。
●指輪を購入
エンゲージリング:約30万円
マリッジリング:約20万円
購入時に全額支払ったり、オーダーの場合は内金を支払い、完成時に残金を支払うケ—スもあります。
●結納or両家顔合わせ
結納費用 約150万円
顔合わせ 約6万円
結納は結婚を約束する「婚約」の儀式です。昔は必ずやるものでしたが最近は顔合わせのみで済ますことが多くなっています。
●結婚式後の生活の準備開始
新居やマンション購入なら頭金、賃貸なら敷金礼金が必要です。
●ハネムーンの検討・申し込み
旅行代金 約50万円
旅行会社の指定する期日までに旅行代金を支払いましょう。

 

★結婚式約3ヵ月~1ヵ月前
●招待状準備
会場外でオーダー 500円前後×部数
手作り 300円前後×部数
●招待状発送
発送用の切手代 80円×部数
返信用ハガキ用切手 50円×部数
あて名書き代 250円×部数
サイズや重さによって切手代は変動します。 結婚式の招待状には慶事用の切手が必要です。
●ブライダルエステを始める
エステ代金 2~12万円
始める期間やコースによって料金は変わります。支払い方法は様々。
●ウェディングアイテム・ペーパーアイテムの準備
材料費など
手作りするなら、材料は多めに購入を。手作りキッ卜も市販されている。プロならではのオーダー品もおすすめ。
*会場との打ち合わせも同時進行です。
披露宴の内容・演出など結婚式の内容が決まっていくなか、当初の見積もりも変化していくので注意深く確認しましょう。

 

★結婚式1ヵ月前~当日
●ヘアメイクリハ 1~2万円
●前撮り 35万円
リハ—サルは会場によっては、当日衣裳代に含まれているところもあれば別料金のところも。
●ゲストへの交通費、宿泊費、心付けを準備
これらは当日受付にてゲストに手渡します。また交通費で電車や飛行機を利用する場合は、チケットを購入して、あらかじめ郵送しても◎。
●結婚式場に支払い
支払い方法は、会場によってさまざまです。名古屋では内金以外は後払いの会場が多いです。しかし、他にも全額前払いし追加料金のみ当日もしくは後日になる結婚式場や、一部前払い、残金は後日といった結婚式場もあります。

 

★結婚式後
●ハネムーンに行く
滞在費&おみやげ代 20万円
●お祝い返し
いただいた金額の半額程+送料
披露宴に招待していないゲストからお祝いをいただいた場合、挙式1ヵ月月以内にお礼の品を贈る。
●結婚報告ハガキ
50枚 約1万円、
切手代50円×枚数
業者に依頼するときは50~100枚単位で注文しましょう。手作りするなら節約に。

【結婚式の資金はどこから出す?】
二人の結婚資金、結婚式までにどれくらい用意できるか計算して、二人の結婚の予算を立てよう。
●二人の貯金額及び、結婚式までに貯める予想貯金額
結婚式までの準備期間がどのくらいも重要。貯蓄計画も考えてみて。
●予想ご祝儀の総額
ご祝儀も大切な結婚資金になる。結婚式の支払いが後払いなら、あてにしたり、新生活の準備金に回しても。
●両家の援助
事前にボンとまとまったお金をくれる場合もあれば、その都度援助してくれるという場合も。くれるかどうかわかららない段m階で予想するのは難しいが…。
●その他
結納金は新生活の準備に回すカップルが多いので、これも資金の一つ。またご祝儀以外のお祝い金もあるが、これは予想しがたい。
➡➡これらの合計が予想結婚資金
いつ、どの時期に、どのくらいお金があるのか、スケジュールを参考にいくらかかるのかチェックし、上手にやりくりしよう。

 

知られざる・・・結婚式の見積もりの使い方
◆見積もりとは?
挙式や披露宴にかかる費用を、結婚式場がニ人の結婚式用に計算してくれたもの。結婚マネーで一番大きな割合を占めるのは、結婚式です。それぞれの項目と費用をチェックして、「納得の料金かな?」「納得の内容かな?」など見積もりでしっかり確認しましょう。見積もりは何度出してもらっても無料です。
◆BUT,見積もリは大まかな料金。追加で発生する費用も!!
●正式なゲスト数が決まっていない→その後ゲストの数が増える可能性が…
●ゲストの数が増える→ゲストの数で金額が設定されている項目の費用がUP!!
●最初は引出物の内容や予算が確定してない
●会場と打ち合わせしていくうちにやりたい演出がでてくる
●当日にかかる予想外の費用の発生 (延長料金など)
など、具体的に結婚式の内容が決まっていく段階で、正確な料金や追加で発生する費用が出てきます。最初の見積もりにプラ ス100万円と考えておきましょう。
◆見積もリの料金イコール「結婚式にかかる費用の全て」?!
見積もりに含まれるものは、あくまで会場が用意する物のみです。よって、会場以外で用意したものや、オーダーしたものは見積もりの範疇外。
また、ゲストへの交通費や宿泊費、当日お世話になる人への心付けも、無視できない費用です。これらも二人で準備するので見積もりには含まれません。

★パックプランとフリープランの違い
・パックプラン
結婚式に必要な基本アイテムがあらかじめ含まれているプランです。うれしい演出や特典がついているものも。パック以外の項目はパック料金+それぞれの価格が追加されていきます。
・フリープラン
項目毎に料金が設定され、自分たちに必要な項目を選んで組み合わせていくものです。

 

◆どこで料金UP?!項目ごとに結婚式場の見積もりCHECK!!
最初の見積りは、未確定なものが多く、大まかな料金設定、項目になってきます。よく項目ごとに確認しつつ、格安な結婚式にしましょう。
●衣裳
お色直しなどで衣裳をたくさん着ればその分料金UP。衣裳プランを使ったとしても、プラン外のドレスを選んでもUPするかも。
●会場装花・ブーケ
最初の見積もりは最低限必要なメイン・ゲストテーブルの装花代のみになっています。 装花のグレードアップも料金増。
➡見積りに含まれていないことが多いもの
・ケーキやメインキャンドルの装花
・ナプキンフラワー
・ブーケ、ブー卜ニア
・両親以外のゲストへの花束 など。
●写真・ビデオ
最初の見積もりでは含まれていないことが多い。
●持ち込み料
ドレス、引出物、プロのへアメイク、カメラマンなど、 会場提携以外で頼む場合は、会場によっては持ち込み料が発生します。特にヘアメイクの場合は、当日の支度用の部屋代がかかることも。
●料理
・ゲストの数が増える
料理や飲物は一人いくらとなっているので、増えた分は金額増加。パックプランで料理がついていても、50人プランなら50人より増えた分は追加料金が発生する。
・料理をランクアップ
品数を増やす場合と同様に料金が高くなります。
・お子さま料理
最初の見積もりは、把握できていないので、後に追加されがち。
●引出物
最初の段階では目安の価格で計算されるため、具体的に商品が決まっていくとそれ以上の料金になっていることが多いものです。最初の見積もりで多めに(一人1万円ぐらい) で出してもらえば、大幅増は避けられます。
●演出
・ケーキカットやキャンドルサービス、デザートビュッフェ、フラワーシャワーなど
結婚式場が用意してくれる披露宴の演出一つひとつには料金が発生します。挙式のあとのフラワーシャワーなどにも。
・BGM
自分たちで選曲し、音源を持ち込んでも、曲の編集費用として料金が追加されます。かかるものとして考えた方が無難。
・余興で歌
カラオケの機会の使用料が発生します。
●筆耕料
招待状の宛名書きを依頼した場合に料金が発生します。またペーパーアイテムなどパックに含まれていなかった場合、会場でお願いするときは費用が増えるかも。

項目              単価         数量        計
パックプラン(50名)    1,110,000           1          1,110,000
料理                           パック                50         パック
フリードリンク        パック       50      パック
会場使用料         パック       1      パック
親族控室           パック                1            パック
ウェディングケーキ     50,000        1     50,000
メインテーブル装花    40,000         1      40,000
テーブル装花         4,000       10       4,000
両親花束           5,000         2      10,000
音響照明                     パック         1          パック
キャンドル          40,000                1          40,000
挙式料(チャペル)          150,000                 1         150,0000
介添料                        パック                   1          パック
招待状                        パック                  35           パック
席次表                          800                   35           28,000
席札                           パック                  50           パック
ゲストノー卜                 パック                   1          パック
メニューカード               パック                 50          パック
テーブルコーディネート料 パック                50          パック
引出物                        10,000                 35        350,000
ペーパーバック         400       35     14,000
ウェディングドレス          220,000                1        220,000
イブニングドレス            220,000                1        220,000
タキシード           80,000       1     80,000
着付料            100,000       1     100,000
記念写真                       63,000                1          63,000

合計                                                           2,565,000
※価格は全て目安です。
※数量が50のものと35のものがあるが、これはその項目が一家族で一つのものか、一人一つのものかの違い。
例えば料理はゲスト一人一人に用意され、招待状などは一家族に一通となる。
※今回の見積では衣裳も換算されているが、会場によっては衣裳だけ別請求するところもある。

 

【モメる前に!!結婚マネーの分担方法!!】

結婚の費用はどちらが払うの?モメる前に!!結婚マネーの分担方法!!
結婚は2人だけでなく、両家の問題です。結婚にかかる費用は誰が、どちらの家が払うべきなのか、項目ごとに分担して考えましょう。

【結納・顔合わせの場合】
結納品などはお嫁にもらう方、つまり新郎側負担です。結納をするために新郎家が新婦家のほうに来る場合は、場所代・食事代は一般的には新婦側の支払いになります。しかし、結納品、結納返しの同時交換で行う場合は折半です。後日、日をあらためて新郎側に新婦側が出向く場合は場所代、食事代は新郎側の支払いです。
・新郎・新郎家➡結納品・優美和(結納品目での婚約指輪のこと)・結納金
・新婦・新婦家➡結納返し・場所代食事代

【挙式・披露宴の場合】
結婚式の費用は両家の考え方や、地域性がでるので、分担方法はたくさんある。
よくある3パターンの方法を紹介。
❶しっかリ二等分
結婚式は二人、そして両家が合同で行うものです。だから結婚式にかかった全ての費用を両家それぞれのゲスト数も関係なくしっかり折半します。衣裳代のみそれぞれが負担するというカップルも(女性の衣裳の方がかかるから)。
❷ゲストの数で分ける
新郎側にかかるものは新郎側が、新婦側にかかるものは新婦側が負担する方法です。会場費や挙式料、演出などにかかるものは両家で折半し、料理や引出物、 席料、ペーパーアイテムなどゲストの数で料金設定されているものは、それぞれのゲスト数で計算してそれぞれが負担します。ドレスやブーケ、ヘアメイクは新婦側、タキシードは新郎側の負担。会場によってはその旨を伝えれば、両家それぞれで見積りを出してくれますよ。
❸新郎側がやや多めに負担
一部地域や、新郎側の考え方として、郎側が多めに負担するケースもあります。全額負担から、全体の7割l、6割だったりと割合はさまざまです。またゲスト数で費用を分けるものの、新婦と新婦の両親の料理と席料は新郎側が負担するなど、それこそ色々なケースが。 ※婿にもらう場合は、逆に新婦側の負担の割合が多くなることも。
★卜ラブル例
一方がパターン❶、もう一方がパターン❷を考えている場合や、新婦側の土地柄が❸のパターンを考ふていたら「当然嫁にもらう新郎側が多く負担すべき」となってもめることも。費用の分担をどうするか、二人がそれぞれの両親と話しあって、意見をすりあわせておきましょう。

【ハネムーンの場合】
旅費はニ人で出し合っているようです。プラス親や祖父母からもらったお祝い金を費用に加えたというカップルも。
滞在費、おみやげ代は、各自で負担するか、折半か、もしくはどちらかが負担など、カップルによっていろいろです。
★卜ラブル例
・レストランでの食事代、乗り物代など、なんとなくいつも一方が払ってばかりで不満爆発!!
➡共有の財布を作るなど、考えておくといいかも。
・買い忘れや予算オーバ一
➡おみやげリストを作っておく。
【新生活の場合】
住むところの準備は新郎側、家具や家電、生活雑貨は新婦側の負担が一般的とされているが、住居や生活スタイル、考え方によって分担方法はさまざまあります。

 

◆上級者は知っている!!教えて!!結婚式マネーQ&A
Q.貯金があんまリなくても結婚式できる?
A.あるに越したことはないので、結婚式までに貯蓄計画を立てましょう。
貯蓄目標金額は
(希望の会場の見積もり+100万円ぐらい)-(ご祝儀の予想総額+親の援助額)です。
月々いくら貯められるか計算して、結婚式の日取りを決めるといいですね。また、お金がないからといって、料理や衣裳、装花代をケチって後悔したという意見もあるのでほどほどに。時間に余裕があるなら、手作りアイテムで節約するという方法もあります。

Q.仲人を立てるけど、お礼ってどうしたらいい?
A.仲人へのお礼は、結納のみお願いしたときは、結納金の1~2割程度がお礼の目安。仲人をお願いするときは、手紙や電話で承諾を得てから、手みやげを持って挨拶に伺い、正式に依頼をしましょう。
挙式披露宴の媒酌人もやってもらうのであれば、披露宴後に合わせてお礼をしましょう。お車代として10万円~20万円ぐらいが目安です。

Q.心付けって誰に、どのぐらいの金額を渡せばいい?
A.目安としては…
ヘアメイク…5千円~1万円
司会者、式場関係者…3千円~1万円
介添人…3千円~5千円
(お車代) 主賓…5千円~1万円
(お礼)   受付をしてくれた友人…3千円~5千円
友人に司会を頼んだなら…2万円
ただ、会場によっては受けとらないところも。心付けは必ず渡さないといけないわけではないが、あくまでも気持ちの問題です。結婚式の始まる前か、最後に挨拶をするときに、自分で、もしくは親に頼んで渡しましょう。ポチ袋かご祝儀袋にいれた新札を準備。表書きは、心付けの場合は「寿」が一般的。主賓や受付には「御車代」「御礼」。両家でお世話になる人には両家の姓を、それぞれお世話になる人はそれぞれの姓を記入しておく。多めに心づけを用意しておくと安心できます。