〇結婚式に必要なこと

 

●結婚に必要なこと
➡2人で婚姻届を出すこと+両家家族の承認
皆さんは何回も今までに言われているかもしれません。きっと繰り返しになります。あえてもう一度述べましょう。

「結婚は2人だけのものではなく家と家との結びつきです。」

好きあう2人が幸せな家庭を築き夫婦となるのが結婚です。それだけなら婚姻届けを出して終わり。でも2人の家族と縁を切って新しく2人だけで家族を・・なんてできませんよね。やっぱり2人の家族両方とも重要です。だから2人の家族にも結婚の承認が必要なのです。

●新しい家族関係が始まりを迎える結婚
さて、プロポーズを受けたら結婚の準備のはじまり。最初はそれぞれのご両親にあいさつ・・・緊張しますよね。でもここで失敗して嫌われて、この先の結婚生活気まずく過ごす・・・よりは、バッチリご両親に好かれて気に入られておきたいですよね。

まずはしっかりと相手の家族へ自分の想い(パートナーへの愛情)を伝え、二人で幸せな家庭を築きたいとアピールしましょう。そしたらきっとあなたのことを気に入ってくれるはず?!

●結婚式、必要?
最近は結婚式を行わないナシ婚も多くなってきました。でもやっぱり結婚式を挙げるカップルもいます。ではなぜ彼女たちはたくさんのお金を費やしてまで結婚式を挙げるのでしょうか?

一般的に
・結婚式は「結婚の誓いを挙げる」神聖な儀式
・披露宴は「日ごろお世話になっている方々へ結婚の報告と感謝を伝える」パーティー
と言われています。ですから、結婚式を一つの区切りとして、ゲストに結婚の報告するには結婚式をした方が良い、と考える新郎新婦が多いせいかもしれません。もちろん、ウェディングドレスを着るのは女性の夢でもありますしね。

●ゲストへの気遣いが大切!!
披露宴は新郎新婦が感謝をもってゲストをお迎えするパーティーです。わざわざ休日返上で2人の結婚式にきてくれます。たくさんの「気遣い」「感謝」をしましょう。送迎、料理、引出物、などなど・・・感謝を伝える方法はたくさんあります。プランナーと一緒に考えてできる限りのおもてなしをしましょう。

 

◆新郎新婦の条件
結婚式を迎えるお二人は・・・誰もが新郎新婦。
その重要な役割を自覚しましょう。

●両家家族の代表として・・・

結婚式当日、新郎新婦は両家代表として、また披露宴の主催者としてその日の主役になります。お二人の立ち居振る舞いや言動は両家の品格を表し、まさに結婚式の印象を左右する存在です。特に新郎は両家を代表してその日の感謝やこれからの決意などをパーティー開始前の挨拶、またフィナーレの謝辞で伝える大役も待っています。

●新郎新婦は迎える側・・・

披露宴において新郎新婦はゲストを迎える立場にあります。料理や演出の内容は「新郎新婦からのもてなし」であり、ゲストへ向ける笑顔や言葉は「歓迎」や「感謝」の気持ちを伝える振る舞いです。自分達二人にとって最高の思い出を作る事も大切ですが、それはゲストの笑顔があってこそなのです。ゲストの皆様が満足できる披露宴の内容を考える事が大切です。

●大人の立ち居振る舞い・・・

晴れやかな新郎新婦の装いに相応しい大人の立ち居振る舞いも結婚式には求められます。ドレス&タキシードはフォーマルファッションですから、お酒を飲み過ぎてはしゃいだり、家族やゲストへの荒い言動や行き過ぎる態度は相応しくありません。披露宴という公の場である事を意識して、敬語や節度ある行動を意識しましょう。