〇結婚式が担う目的と人気の挙式タイプ

【結婚式】=【挙式】+【披露宴】
一般的に結婚式と言えば挙式と披露宴が行われる1日をさします。様々なタイプがそれぞれあり、2人の希望や条件によって選んで行っています。結婚式が担う目的と人気の挙式タイプについて勉強しましょう。
♦結婚式とは夫婦の結婚を誓うセレモニーである。
2人が交わす結婚の誓いに深い意味やけじめを持たせること・・・それが結婚式を挙げる目的です。結婚を誓う方法はスタイルによって様々。
「絶対ウェディングドレスでバージンロードを歩きたい」
という人もいれば、
「キリスト教徒でもないのに教会で結婚式は・・・」
という人もいて自由に選択ができます。結婚式のタイプを選ぶときは自分たちが納得できるタイプを選びましょう。
結婚式場によっては結婚式の内容(儀式.演出)や設備・シチュエーションが異なります。実際に結婚式場の好みで結婚式スタイプを選ぶカップルが多いのも事実です。

Type.A 神前式で八百万の神様に結婚を報告
神社や結婚式場併設の神殿にて結婚を誓い、神様へ結婚を報告します。日本では明治33年、親王でいらっしゃった、後の大正天皇が今の大東京神宮である日比谷大神宮で結婚式を行った事が発祥です。
神前式は親族以外に友人でも参列可能。衣裳も実は決まりがなく平服でもドレスでも0K。愛知では結婚式全体の1~2割程で実施されています。

Type.B 教会式でキリスト教義にのっとって
キリスト教の儀式に従って夫婦の結婚を神に誓います。キリスト教には「プロテスタント」と「カトリック」という宗派の違いがあり、一般的にはプロテスタントの方式で結婚式が行われます。歴史が2000年以上あるカトリック教会では、教義上再婚・離婚は認めないなど厳しい戒律があります。
▼▼それぞれの違い▼▼
*司祭の呼び方
プロテスタントでは「牧師」 カトリックでは「神父」
*バージンロードの色
プロテスタントでは白 カトリックでは赤or緑

Type.C 人前式で2人らしくゲストに誓う
親族だけでなく招待したゲスト全員へ結婚を誓うのが人前式です。宗教色が無いため進行内容は自由にアレンジ可能で決まった形はありません。
また結婚式の場所もホテルロビーやガーデン、 チャペル、船上…好きな場所で実施出来る。牧師さんなど人を手配しなくていいので安くできるのもポイント。

※番外編
Type.D 仏前式でご先祖にも感謝を
お寺やご仏前で式を挙げるのはいかがでしょうか?住職と参列者一同が、本尊に結婚を奉告し、、互いに敬愛を誓いあう誓紙に署名した後、三三九度の杯を交わすという流れになります。
実際は実家がお寺であるため仏前式を・・・という事例が多いようです。

 

新郎新婦主催のパーティ・・・披露宴・・・

披露宴とは新郎新婦が、結婚の報告と日頃の感謝っを周囲の人々に伝える為の、パーティです。
新郎新婦は、主役としてケーキ入刀やキャンドルサービス等の演出を行いながら、ゲストを料理でもてなすホストの役を担います。
二人の結婚を参加者全員でお祝いします。
二人でどんな時間を過ごしたいか、ゲストにどんな時間を過ごしてもらいたいか。料理内容にこだわりたい、演出の時間をゲストと一緒に楽みたい。等、お二人のスタイルを大まかに決めたら、ブライダルフェア等に積極的に参加して、会場と披露宴の内容を選びましょう。

 

 

一般的な披露宴の進行:時間は大体2時間半

【迎賓】
披露宴会場にゲストをお迎えします。
こだわりのネームプレートでゲストをおもてなし。
【新郎新婦入場】
結婚式からお色直しをしたり、ヘアアレンジを変更することも。
-開宴の辞-
【主賓挨拶】
新郎側~新婦側の順で会社の上司、学生時代の恩師が多く、
大体は関係者の中で最も地位が上の方が行います。時間は1人辺り5分以内です。
【乾杯】
乾杯の発声で、宴がスタート。新郎の上司や、先輩が多い。
【ケーキ入刀&ファーストバイト】
シャッターチャンスでもあるので、意識的にポージングや笑顔を!
両親やゲストに参加してもらうこともできます。
【スピーチ】
友人が一生懸命考えてきてくれます。BGMを穏やかにする等して、聞きやすい環境づくりを。
【お色直し退場】
新婦・新郎の順に退場し、親族のエスコートを伴うことが多い。
-歓談-
【お色直し入場&演出】
キャンドルやルミファンタジア、ビールサーブ等様々な演出がある。
フォトラウンドを入場の際に行うことも。
【余興or歓談】
ゲストに楽しんでもらう時間。デザートタイムやゲスト参加のイベントも。
最近では、新郎新婦が参加するフラッシュモブも人気!
【両親への手紙】
新婦は両親へ、感謝の気持ちを込めて手紙を朗読。
【両親へ花束贈呈】
花束のほか、ウェイトベアやライスを贈ることも。
【両家代表謝辞】
新郎の父~新郎が行います。謝辞の内容はゲストの関心も高い。
時間をかけて、考えて!
-新郎新婦退場-
【送賓】
日頃の感謝の気持ちを込めて、プチギフトをお一人ずつに渡しましょう。