◑あなたは教会式?人前式?神前式?仏前式?どれにする?

◆あなたは教会式?人前式?神前式?仏前式?どれにする?
結婚式といえば、純白のウエディングドレスを着てバージンロードを歩いたり、白無垢をきて厳かな雰囲気の神社で挙式を…など具体的なイメージは誰でもあるはず。イメージだけで挙式スタイルを決めてもいいけれど、どうせだから本来の結婚の誓いの意味を理解してからスタイルを決めるのはいかがでしょうか?

Style❶ あなたは教会式?
挙式の割合が一番高いのが教会式。キリスト教の教義をもとに挙式が執り行われます。礼拝堂で牧師の問いかけに従って、神の前で結婚を誓います。
一見誰でも挙式できるように見えますが、本来カトリック系などの教会では信者しか式を挙げられません。しかし教会によっては事前にセミナーなどを受ければ、信者でない人でも挙式できる場合があるようです。
その他、ホテルや結婚式場併設のチャペルでは誰でも挙式可能です。その他、ゲストハウスや一部のレストランでも教会式が挙げられます。チャペルも場所によってさまざまな雰囲気があって見学すると楽しいかも。

Style❷ あなたは人前式?
最近多くなってきたのが人前式。その他のスタイルではしきたりや教義にのっとって挙式を行いますが、人前式は一言、自由。ある程度の式の進行はありますが、その進行だってオリジナルにしてもOK。
神ではなく、目の前にいる友人や家族を立会人としてたてて、ゲスト全員に結婚を誓います。二人で考えた言葉で愛を誓います。
人前式の自由度は会場にも。他のスタイルが行える結婚式場、ホテル、ゲストハウスなどはもちろん、レストランやガーデン、変わり種ではアミューズメント施設で式を挙げるなんてこともできます。思い出の場所で式を挙げたい人には人前式がいい?!

Style❸ あなたは神前式?
明治時代から続く神前式。神道をもとにした神前式は雅楽や舞を奉納する厳粛な式です。日本ならではの白無垢や色打掛などの和装を着て行われます。
氏神様やそこに祀られている神様に結婚の報告を行います。このスタイルはもちろん神社で行われますが、他にも結婚式場、ホテル一部の料亭で式を挙げることが出来ます。
参進の儀は神前式の前に行われる儀式で、花嫁行列とも呼ばれます。神社の神殿まで練り歩く姿は、これぞ結婚式!!って感じ。

Style❹ あなたは仏前式?
ほかの3つのスタイルほど見かけない仏前式。一般的には新郎新婦のどちらかが寺院の関係者だった場合や熱心な仏教徒の家庭だった場合に限定されます。名前の通り、寺院のご本尊やご先祖に結婚の報告を行う挙式スタイルです。
すべての仏閣で挙式がかなうというわけではないので、ぜひ仏前式で挙式を!!という人はまずは問い合わせを。その他一部の結婚式場や一部のホテル、自宅で行う場合があります。

 

とことん2人のコダワリを入れて、披露宴というMISSIONをクリアしよう!!
◆披露宴はどんな風に決める?
挙式でゲストに結婚を祝福してもらったら、披露宴では2人がゲストをおもてなしです。どんな披露宴にしたいか、まずは情報集してぼんやりとイメージを膨らませましょう。どこにこだわりたいか、なにが好きなのか分かれば披露宴の形が見えてくるはず。
MISSION1 【披露宴の形式を決める】
披露宴といえばやっぱりメインは料理。でも料理の出し方も実は様々なんです。フォーマルな形式からカジュアルな形式まで確認しましょう。
まずは●着席スタイル
披露宴の定番の形式で、ゲストが席に着いた状態でコース料理が出てくるものです。時間をかけて味わうことができ、落ち着いて食事が楽しめます。ただ自由度は少し少なめ。
年配のゲストがいたり、会社の上司、同僚中心のゲストの場合や格式あるレストランで披露宴をする場合にぴったり。
次に●着席ビュッフェ
1.5次会向けの形式ですが、披露宴でもフォーマルな雰囲気は苦手だという人はオススメ。好きな料理を自由に味わえ、他のテーブルの人とも交流しやすくなっています。ビュッフェで疲れても椅子があるからOK。
最後に●立食ビュッフェ
披露宴ではあまり採用されないこの形式は、二次会でよく使われます。より新郎新婦が自由にゲストと交流できます。席がないから直前の出欠席にも対応できて、ゲストが出席しやすいのもいいところ。ただ、それゆえに立っているのが疲れてしまうなんてことも。

形式はまずはゲストの顔ぶれを頭に置いておくのが重要です。それを踏まえて2人のやりたい形式を選びましょう。

MISSION2 【コダワリどころをつきつめる】
ひとつひとつこだわるとどこまでも突き詰めることが出来る披露宴ですが、しっかりとした披露宴にしたいなら、特にこだわるところを絞り込むのが得策。
①例えば、料理にこだわる。
2人の地元の食材を使ったり、両親の故郷の地酒をふるまったりなど。その月に誕生日があるゲストに特別に料理を用意しても。箸で食べられる和食にすると年配のゲストがいても問題なし。
②例えば、花にこだわる。
披露宴と花は切っても切れない関係。テーブルに置く装花の花器にこだわってみたり、好きな花や季節の花で会場を埋め尽くすのもきれい。
③例えば、手作りにこだわる。
今では手作りしない人はいないかもしれないペーパーアイテム。席札や席次表はメッセージを書いたり、オリジナリティーを出しやすいところ。手作りはできなくてもメッセージをかいたらゲストも楽しめるかも。その他、ウェルカムボードやウェルカムドールも。
④例えば、色にこだわる。
和装で入場なんて披露宴には和の色柄のクロスを使ったり、花もその色にあわしたものを使うと落ち着いた雰囲気に。逆にピンクの花で華やかになんてのもオススメ。

その他、音楽にこだわって、BGMをこのアーティストだけで!!なんてことも○。2人でしっかり話し合って納得のいく披露宴を突く詰めていきましょう。