〇披露宴の噂&真実

披露宴

●披露宴編
装花
☆晩餐会型より丸卓のほうがゴージャス
使う花の量により華やかさは変わる。 同じ広さなら、長卓を用いる晚餐会型のほラがたくさん花を使うのでゴー ジャスだが価格は高め。中央に花を置くだけで映える丸卓のほうがリーズナブル。
★真実
予算第一なら丸卓をちらした形をベースにプランニング。個性派は晩餐会型を。
得・やりくり川柳
おトクです 季節 円卓 おまかせプラン
☆ウワサ
ふたりらしさを出すにはお金がかかる
思い出の写真を飾ったり、手書メッセージを付けるなど、自分たちのこだわりの品を持ち込んでディスプ レイ…、すべてプライスレス。どんなふうにふたりらしさを表現するかがカギ。
★真実
お金をかけずに、ふたりらしさを表すことは十分できる。楽しく考えてみよう。
☆ウワサ
プランの装花は特定されている
結婚式場の花プランの見本は決まっているけれど、フラワーデザイナーと相談すれば色をまとめるなどの変更はできることがほとんど。希少な花などのリクエストは料金アップにつながることも。
★真実
装花プランを生かす、季節の花をオーダーするのが装花のおトクのコツ。
【チョットおとくな結婚式のおとくネタ】ご存じでした?

 

 

・披露宴のセッティングで、開宴前に人前式を行うと、神殿やチャペルで行う挙式料浮く(別途料金が必要な場合もある)。
・入刀用ケーキを生タイプに
少々値が張るけれど、デザー卜時にゲストに振る舞え、 料理全体のボリューム&おもてなし感アップにもつながる。
・装花をおみやげに
装花を持ち帰リできる会場もある。お開き時にサンクスグッズとして女性にだけ渡しても喜ばれそう。会場に要相談。
・スイ—ツサービスで挨拶
再入場のキャンドルサービスの代わりに手作リクッキーを配れば、材料費とラッピング代がかかるだけなので費用削減にも。
・小物類を手作リ
器用な友人にボードを頼めば、その分の小物代は浮く。披露宴当日に、ゲストへ製作者のお披露目をすることを忘れずに。
・お色直しを考える
お気に入りのドレス一着で通 し、ヘアメイクだけでシンプルなお色直しを。ドレス代が浮くほか、時間も有効に使えそう。
・振袖をお色直しに
成人式の振袖をお色直しに着てもいい。衣裳代がかからず、思い出の一着に家族も大喜び。 宴中にアナウンスして紹介を。

・ドレスショップは絞る
複数の衣裳を同じ店で手配すると割引なとのサービスがあることも多い。ショップはできるだけ一軒にまとめるのが得策。
・新郎の礼装一式を作る
発想の転換で、新郎衣裳に後々まで使える礼装一式をあつらえる。結婚後の慶弔時に使えるので実用的というわけ。
・ブーケにも季節の花を
旬の花材を使えば料金アップを防ぐことがで參る上、花の状態もよいものが豊富に揃う。フラワーーデザイナーと相談して。
・クラッチブーケがおトク
花がこぼれるようなキヤスケードなら高く、シンプルに束ねるスタイルのクラッチなら、比較的リーズナブルに手配できる。
・お色直し用だけリハーサル
型ごとに加算するヘアメイク リハーサル。当日、時間に余裕のある挙式用メイクは省き、お色直し分だけにするのも節約術。