ブライダルフォトの基礎知識

 

 

様々な種類が存在する「ブライダルフォト」。まずは、それぞれの違いや依頼をしてから撮影をするまでのスケジュール・注意点などをお伝えいたします。

おふたりの大切な思い出を残すための大事な手段なので、イメージに合う方法をみつけてみてください。

 

■「ブライダルフォト」にはどんな種類があるの?

≪別撮り≫

結婚式当日以外の日程で写真撮影をすることを言います。その中でも、「前撮り…結婚式当日より前の日程で撮影すること」「後撮り…結婚式当日より後の日程で撮影すること」と写真撮影をする時期によっても呼び方が異なります。

メリットは多く、結婚式当日とは異なる衣装やヘアスタイルで挑めるので、和装など衣装をたくさん着たいカップルにおすすめですし、結婚式のアイテムに活用することができます。

 

・スタジオ撮影

写真撮影専門のスタジオで撮影を行うスタイルです。衣装・スタイリストなどがスタジオ内に揃い、照明などのライティングまで備わっているため、望み通りの完璧な撮影が叶うでしょう。ほとんどのスタジオ(専門業者)にはレンタル衣装がプラン販売されています。事前にご自身で用意された衣装を持ち込みする場合は費用が発生する場合があるため確認が必要です。

 

・ロケーション撮影

映画や有名人の写真集のような雰囲気のある撮影が叶います。撮影する場所・時期を選んで、観光名所やひまわり畑・海辺などで撮影したり、緑の多い公園やあえて都会的に街中で撮影するのも人気です。ただし、「スタジオ撮影」とは違い、衣装やカメラ機材・人員などが撮影場所まで移動をするため、価格が高くなることが懸念されます。

 

 

≪当日撮影≫

挙式や披露宴など、結婚式の当日に撮影することを言います。

 

・記念撮影(写真)

家族や親族との集合写真を撮影すること。結婚式場内にあるお庭や広いスペースなどを用いて撮影されます。

 

・スナップ撮影(写真)

結婚式当日の様子を1日中カメラマンがお二人に密着して撮影すること。新婦のメイクシーンから新郎が緊張して手を握っているところなど臨場感のある写真が残ります。もちろん、結婚式当日に参列しているゲストの様子も撮影するので、ふたりでは直接見ることのできない受付の様子やイベントを行っているときのゲストの反応など、ふたりに代わって記録してくれることが最大の魅力といえます。

 

■「ブライダルフォト」のスケジュール

・スタジオ撮影 / ロケーション撮影

希望するスタジオへ予約を入れる必要があります。土日祝日に問い合わせが集中するため、平日での予約がおすすめです。また、人気の高いスタジオや格安で提供しているスタジオはできる限り早い段階で予約を行いましょう。

撮影時期は「前撮り」の場合は、結婚式当日から2か月前には撮影を終了しておくと良いでしょう。なぜならば、そこで撮影した写真が結婚式当日の2週間前あたりに納品され、「ウエルカムボード」や結婚式に活用できるアイテムとして役立つからです。そのためには、衣装やメイク・ブーケなどのアイテム類の打ち合わせを撮影前に事前に実施する可能性があるため、早めの行動が必要となります。

・記念撮影(写真) / スナップ撮影(写真)

結婚式場が自社でカメラマンの手配を行うため、プランナーとの打ち合わせの際に確認していきます。どんなイメージで撮影をしてほしいのか、例えば「ゲストの様子を中心に撮影してほしい」「参列者の中に子供が多いためたくさん撮ってほしい」「結婚式当日のスケジュールの中でふたりが一番重きを置いているイベント」などをしっかりと伝え、残したい思い出をしっかりと納めてもらいましょう。

また、その際には写真のデータを納品する形態なども確認されることが多く、アルバムの種類やデータのみなど、ふたりの希望と予算に応じた形態をセレクトしましょう。

結婚式当日は、当日のスケジュールと合わせてカメラマンと最終確認をして挙式・披露宴がスタートします。

■「ブライダルフォト」の納品形態

撮影を依頼すると、必ず写真サイズやアルバム・データ(もしくはネガ)などの納品形態を確認されます。

種類はさまざまで、依頼する結婚式場やスタジオによって価格帯にも差があるので事前に確認しておきましょう。

≪写真のサイズ≫

L判 … 縦約9㎝×横約13㎝ 一般的な写真の仕上がりサイズで市販のアルバムに収まります

・2L判 … 縦約13×横約18㎝ L判を縦に2枚並べたサイズで額などに飾る場合に利用されます

・六つ切/四つ切 … 縦約20×横約25㎝ 集合写真などたくさんの人が写った写真に利用されます

・デジタルアルバム … データを加工・編集した製本(アルバム)。色味や明るさなどの補正が可能

・デザインアルバム … 1冊づつ手作業で写真をレイアウトしたオンリーワンの製本(アルバム)

CD-ROM … 画像調整したデータをCD-ROMで受け取れる。年賀状やHPに活用できる

・手焼き … 撮影した画像を機械ではなく職人の手で現像される。手間を要するが雰囲気のある写真となる

■「ブライダルフォト」のQA

Q1.「別撮り」の場合におすすめな時期っていつ?

A1.ロケーション撮影の場合は、気候の良い春・秋がおすすめ。満開の桜や紅葉など素敵な背景を背にして撮影が行えます。また、夏にひまわり畑・冬に雪山で、などふたりの趣味趣向に合わせたシーズンをセレクトしてみてください。スタジオ撮影の場合は、屋内のため季節は問いません。店舗によってお値打ちに撮影のできるタイミングを探してみてもよいかもしれません。

Q2.「ロケーション撮影」は撮影場所をふたりで選んでもいいの?

A2.店舗によっては指定された撮影場所から選ばなくてはならない場合もありますが、ふたりの撮影したいイメージに合わせて、数か所の撮影場所から選択できるところが多いです。ご自身で撮影場所を指定したい場合は、その撮影場所に許可を得たり、日にちを確保したりと事前に準備が必要になる可能性があります。

Q3.「スタジオ撮影」は衣装やブーケを持ち込んでもいいの?

A3.アイテムの持ち込みは可能である場合のほうが多いが、有料となることもあるので事前に確認しましょう。

Q4.「スナップ撮影(写真)」を結婚式場以外で依頼することはできるの?

A4.「カメラマン」を持ち込みするという形式となるが、持ち込み料が発生する場合がほとんど。結婚式場の費用をプランで契約した場合、その中にカメラマン・アルバムなどの費用が含まれていても減額されることはないため注意が必要。持ち込みを「自由」「無料」と伝えている「結婚式場」もあるためじっくり検討しよう。

Q5.「当日撮影」の場合、カメラマンを指定することは可能?

A5.結婚式場が指定するカメラマンから希望のスタッフを選択することは可能だが、有料となる可能性がある。また、指定したカメラマンのスケジュールなどを抑える必要があるため、できる限り早めに申し出たい。

Q6.「アルバム」は撮影してから何日後に納品されるの?

A6.データでの納品の場合は、撮影後から1週間以内には受け取れるが、「アルバム」を指定した場合、撮影した写真のセレクトや加工・製本までに時間がかかるため、撮影後から約1.5か月ほど必要になる。

Q7.ふたりとも「撮影」事態が苦手なのですが

A7.普段から写真を撮影することが少ないカップルは、ブライダルフォトをセレクトしないこともあるが、その場合、結婚式が終わってから後悔をしてしまうカップルがほとんど。婚姻を表したり、結婚式の様子を残す唯一の手段なので勇気を出して挑んでみてください。また、撮影が始まってしまえば周りのスタッフや環境が次第にふたりのテンションを上げてくれて、いつのまにか自然な笑顔がみられたりしますよ。