◎結婚式のお礼とお心づけのマナー

結婚式は、二人だけで創り上げるものではなく、様々な人たちの協力があって成り立っています。そのような人たちへ、二人からの感謝のしるしとして渡すものを「お礼」「お心づけ」といいます。必ず渡さなければいけないものではないですが、 感謝の思いを形にするためにも慣習にならって渡すのがマナーといえます。

◎お礼

受付、司会、カメラマン、受付をお願いした友人に渡す謝礼。媒酌人、主賓、遠方から招待するゲストに渡すお車代も含まれる。

◎お心づけ

ウェディングプランナー、介添人、ヘアメイク、 司会者、運転手など結婚式に携わってくれたスタッフに渡す謝礼のこと。
最近では、「お心づけはご辞退させていただきます」という結婚式場もあります。しかし、スタッフの中には、外部から派遣されてきている方もいる場合がある為、 お心付けは用意のがマナーです。

☆準備すること

・渡す人のリストを作成する
・新札を用意する
・ご祝儀袋を用意する
・親と打ち合わせをする(当日は両親から渡してもらうため)

◇お礼の金額と渡すタイミング

・ウェディンプランナー
3.000~1万円。挙式前に親から手渡します。

・ヘアメイク
3,000~1万円。お支度開始前に親から手渡します。

・介添人
3.000~5,000円。挙式前またはお引き上げ後に親から手渡します。

・媒酌人(仲人)
「御礼」はいただいた、ご祝儀の2~3倍、「御車代」は1~3万円
挙式後2~3日中に新郎新婦と両家の親が媒酌人宅に伺うのが礼儀ですが、新婚旅行などで伺えない場合も多く、名古屋でも最近では披露宴後に別室にて両家の親が揃って渡すことが増えています。

・主賓
「御車代」として、自宅から会場までの距離をタクシーで往復したときの1.5倍~2倍を用意。頼んだ側の親、または受付担当者に預け、主賓が受付を済ませた後、他のゲストに目立たないように渡します。

・受付係
「御礼」は3,000~5.000円が相場。 受付開始前に、頼んだ方の親から「本日はよろしくお願いします」と言って目立たないように手渡します。

・司会者(友人に頼んだ場合)
「御礼」は、2~3万円。挙式が始まる前に、両家の親からあいさつを兼ねて渡します。友人による司会役の場合、ほとんど食事ができない為ご祝儀は受け取りません。

・カメラマン(友人に頼んだ場合)
1~3万円。披露宴後に親から手渡すか、後日新居に招いて新郎新婦から手渡します。披露宴中はずっと撮影をしてもらう場合の金額です。フィルムや現像、メンテナンスなどの材料費も忘れずに。

・遠方からのゲスト
交通費の半額~全額。事前にチケットを手配するのがスマー卜であり、なおかつ全額負担がベスト。無理なら半額でも良いです。主賓へのお車代と同じように受付担当者から渡してもらいます。

・会場責任者
1~3万円。披露宴前に親から手渡します。「スタッフの皆さまで」と添えるとなおよし。

・スピーチ・余興をお願いした人
2,000~1万円。特に何も用意しない場合も多いですが、引き出物を1品多く付けたり、新婚旅行のお土産を奮発して渡すと良いでしょう。新婚旅行後、改めてお礼のご挨拶に伺えば問題ありません。

・ブーケ、ウェルカムボード等の手作り協力者
1~2万円。お願いして作ってもらったのであれば、御礼をしましょう。披露宴終了後、依頼した本人から手渡します。また、相手からの申し出で作ってもらう場合は、後日新婚旅行のお土産を渡すと良いでしょう。